1. Top » 
  2. 2009年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

Wikipediaのユーロビートの項目にある「Folder 5」に懐かしさを感じた




一カ月以上前に注文した「女神異聞録デビルサバイバー」と「デビルサマナー葛葉ライドウVS超力兵団(Best版)」が、発送されたとのメールを先ほど確認しました。
これで無駄なことに費やされている時間が、さらに無駄なことに費やされてしまうことに深い悲しみを感じずにはいられないのです。
最近ゲームをすると普通に5時間ぶっ続けとかになってしまいます。
暇があるからといってそういう生活をするのはどうかなあと、毎回思ってしまうのです。
ですので最近はゲーム自体をせずに本を読んだりしてます。
ですがそれも、普通なら何日かに分けて読む小説を一日で一気に読んでしまいます。気づいたら4時間とかザラです。
集中力があるのかというわけでもなく、なんというか無駄な義務感と先が気になる好奇心で無理矢理読んだりプレイしたりしている気がします。
区切りをつけて何事も出来れば賢いのでしょうが、私なんかは学力的にも賢くなく、知識的にも弱く、常識があるかといえばそうでもない人間なので、どうにも難しいです。
まあゲームなんかやめて民法、刑法の概要から各条文の内容把握。
その後判例集や教科書の内容理解を、本来ならこの時期にすべきなんでしょうがね。
実家に帰る時に確実に暇を持て余すので、その時にでも読めばいいかなあと思ったりしてます。
とりあえず物権・担保は地味に就職に関係してきそうで怖いんですよねえ。



で、今日の動画は個人的にルカ曲の中でも「ダブルラリアット」と双璧をなす「ルカルカ★ナイトフィーバー」を、実谷ななさんという方が歌った動画です。
この動画で実谷さんの事を知った方も多いのではないのでしょうか。
何を隠そう私もです。
歌唱力や高さや声質が自分の好みにぴったりの上、この曲自体の完成度の高さも相まってかなりの良作となっております。
そしてこの曲で目から鱗だったのは、いわゆるユーロビートが心地よいということです。
ユーロビートの全盛期である80年代後半から90年代前半に自分がこの音楽に何も感じなかったのは、子供だったからからでしょうか。
おそらく同年代でも早い人は中一ぐらいでユーロビートの存在を知っていたのでしょうが、じぶんは単純に流行りの曲ばかり追いかけていた気がします。
年齢を重ねなければ見えないものも多いんだなあと、いろいろと考えさせられる素晴らしい曲でした。



スポンサーサイト

進むしかない



どうでもいいことで3時間ぐらい喋られるのは、はたから見ていれば楽しいですけど、実際に自分がしてみるとものすごく時間を無駄にしたなあと後悔してしまうのです。
いやまあ普通の日記でも書いてみようかなあとこのブログを書いているわけではありませんが、実のところココとは別のブログを所持しておりまして、そちらの更新がはかどらせるために、こちらは放置になってしまいました。
統合しようかなあとも思いましたが、あちらにはあちらの交流が存在しておりまして、名前もこんな食べられそうな虫のような名前ではなく、本名をもじったものになっているのです。
こちらとは完全に区別したものとして頑張っていこうと思います。


で、何となく感じているのは、実況プレイヤーの中の文章羅刹の方々です。
個人的にはrevinさんやたろちんさんがそういった方々だと思います。
自分以外の人間が読んだ時に面白いと思える文章を、このお二方は毎回書かれています。
実況に興味を持ったから、ブログでも覗いてみようかなと軽い気持ちで覗いたらあらふしぎ。
いつのまにか実況ではなく文章の方が楽しみになっていました。
そういった、一つのことだけではなく別の才能をお持ちであることに、私なんかは羨望の目を向けてしまうのです。
個人的に好きなブログは、リンクを分けて作るかもしれません。




で、今回貼らせていただいた動画は『ロックマンDASH EDテーマ「あなたの風が吹くから」』です。
自分はロックマンDASHの完成度に発売当時から感動していた人間の一人なのですが、実はクリアしたことは一回しかありません。
たぶんその時に聞いていたであろうこの曲は、当時小学生だった自分にとってはただのED曲だったのかもしれません。
ですが、今改めて聞くと歌詞の内容が心に染みこんできます。
もしかしたら自分は間違っている道に進んでいるんじゃないだろうか?
でもこれからも進むしかない。
そうしなければ今まで進んできた道が無駄になるから。
そんな風に言われている気がして仕方がありませんでしたね。
感動した時に泣く人間ではありませんが、家でこの曲を聴くと涙がひとすじこぼれてしまいました。
良い曲だなあと、心から思いました、

いやあどうも

長らく放置していたこのブログではありますが、幻想入り関係で頭の上がらない囚人さんが、受験という戦争から期間なされたので、こちらも復帰しようかなと。
まあね、ブログ自体初めてではないのです。
まあのんびりと更新していきましょうか。



■■幻想入り作品について■■

2/12日に終わりました。
何故終わったかというと、1年たったからもういいかなという気分です。
正直1年も持っている幻想入りは凄いなあと思います。
有名な方はランキングに乗ることが当たり前のようになりましたし、やはり毎時ランキングがいい感じに利いていると思います。
自分の幻想入りは、正直言って全部投げ出した話です。
エターなった作品ですし、とりあえず終わらせようと思って数日で書いた物です。
でもそれでも、終わったという達成感は多少あります。
ぶっちゃけると、去年の2月3月に入って、仕事や学業でエターなっているのにもかかわらず、続けると言っている人は止めた方がいいと思います。
正直1年たってモチベーションが上がらなければ、作れるわけはないですよ。
誰しも忙しい、面倒くさい、モチベーション上がらないで作品を作れなくなる、作る気が無くなるのはしょうがないと思います。
だったら潔く作品を打ち切るか、本当にチマチマでも書いたほうがいいと思いますよ。
ノベル型ならなおさらです。
自分の文章力の無さに絶望ってのは誰しも思うことです。
そこを無い知恵絞って考えて自分は作りました。
本気になることもいいですが、絵と違って文章は善し悪しがはっきりしていないと分からないと思います。
一つの文章を、こんな文章は認めない!、って思う人や俺なんかよりもスゲエ文章だ!って言う人のように、絵のように上手さが分かりづらいと思います。
こうして書いている文も本気で書いているわけでもなく、ただ適当に書き連ねているだけです。
本気になりたい人は頑張ればいいと思いますし、そうでない方はさっさと作品作ればいいんじゃないでしょうか。

■■幻想入り界隈について■■
IRCとかまとめとかスカイプですね。もう一部の人しか使っていない気がします。
さらにその使っている人たちの中でも何かしらグループが出来ていて、結構嫌な人間関係を見たりします。
典型的な例が某ロビーの反応の薄さ。
誰かが呼んでと言っても無反応。
居るはずなのに無反応。
面倒くさいなら抜ければいいのに、離籍せずに常駐。
自分が絶対に行かないと思うなら、離席すればいいのになあと思っています。
まあ自分はもう面倒になっていなくなりましたがね。
エターなっている作者の方は、コミュにいたいのなら作品作るか幻想入りをやめて視聴者になるかすればいいと思いますよ。って何回俺は言うんでしょうね。
誰が見ているかもしれない、誰も見ていないかもしれないブログで書いている時点で、本気ではないんですけどね。


勝手にすればいいんじゃないでしょうかね?
「作りたいけど仕事が・・・・」
「話は考えたけど実際に作るのが・・・」
こんな人たちが、

「明日のラジオ超楽しみ!」
「PS3の○○買っちゃったよ~」
「あ~。PI○IVにあげる絵描かないと~」





勝手にすればいいんじゃないのでしょうか?俺は反吐が出ますけどね。

Page Top

ブクログ
プロフィール

なんか色々しているようでしていない者です。 まあ適当に頑張っていきます。

ネブショクパン

Author:ネブショクパン
ラノベが大好き就活フリーター。
入間人間の魅力にどっぷりつかってます。

Twitter
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
碧の軌跡
碧の軌跡
メルルのアトリエ
メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
電波女と青春男
電波女と青春男
テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。